高画質 動画圧縮サービス MOOGA SLIM

動画圧縮による配信・保存・活用方法・・・
こんな課題を抱えていませんか?

  • 動画配信・保存のコストを動画圧縮で減らせないかな?(映像配信サービス会社 Aさん)
  • セキュリティ映像を動画圧縮してもっと長く保存したい(警備会社 Bさん)
  • 4Kの手術映像を動画圧縮して4G環境でも配信したい(医療関係 Cさん)
  • 授業の配信、黒板の文字が見えにくいとクレーム。動画圧縮でもっとサクサク鮮明に(予備校経営 Dさん)
  • 施術の4K・8K動画を動画圧縮して高画質のまま配信できない?(整形外科医院 Eさん)
  • ECに動画圧縮を利用したい。問題はストレージコスト。(ECサイト担当者 Fさん)
  • ウェビナーや映像マニュアル、もっと動画圧縮しても高画質で配信したい(製造メーカー Gさん)
  • 災害状況を4Kドローンで。動画圧縮してストレージコストを抑えなきゃ(損保会社 Iさん)
  • デジタルサイネージの動画配信、動画圧縮してコストを減らせない?(電鉄会社 Hさん)

課題をMooga Slimが解決します!

新開発の超圧縮技術が解決します

これが超圧縮の実力 世界最高水準 高画質のまま 最大94%圧縮!

高画質 動画圧縮サービス

Mooga Slim

4K動画による実験値

右下「全画面モード」にて全画面表示でご覧ください
画質選択は“4K”を選択ください

※使用動画(CC)Blender Foundation | mango.blender.org

この4K動画(全12分14秒)のデータサイズは、6.47GBから0.34GBに【94%削減】、ビットレートも73.43Mbpsから3.4Mbpsへ。

超圧縮技術は、動画のきれいさを保ったままデータサイズを小さくします。一般的なエンコーダーと比較して、大幅にデータサイズを小さくすることに成功しました。

※MOOGA SLIMサイトで配信している4K動画の圧縮率
容量:6.47GB → 0.86GB(約87%削減)

超圧縮

超圧縮技術とは

従来の圧縮技術

『高画質を維持できない』

時間軸による圧縮は強制的にフレームの
並びを変換するため画質が劣化してしまう

超圧縮技術

『高画質なまま超圧縮を実現』

「動き」を軸に圧縮するため無駄なデータを
減らすと同時に画質をほぼ劣化させない。

超圧縮技術 詳しく見る 閉じる

超圧縮技術

驚異的な圧縮率を実現可、かつ画質が劣化しない

新開発/特許出願済の最適化アルゴリズムがフレームの選択を行うことで
高画質かつ超圧縮(小容量化)を実現。動きに合わせて無駄なデータを省く*
*小容量のBフレームに入れ替え

の超圧縮技術とは

動画の原理はパラパラ漫画と同じで、写真の連続によって動きを見せています。
一般的には1秒間に、フルHDでは30フレーム、4Kでは60フレーム、8Kでは120フレームが再生されます。再生枚数が増えるほどきれいな動画になりますが、それに応じてデータ量は著しく増大。したがって高画質化が進むほど、データ保存に困ったり、インターネットで送りにくくなったりといった問題が発生するのです。

動画のデータ量を減らすための技術が「動画圧縮技術」です。例えば、飛行機が飛んでいる映像があった場合、動いているのは飛行機の部分だけで背景は動いていません。そこで、最初に背景付きの一枚の写真を表示し、次からは動いている部分だけを重ねていけば、同じように飛行機が飛んでいる映像となります。元の動画ではそれぞれのフレームに背景のデータがありますが、圧縮後は最初の1枚のみ。2枚目からは動く飛行機の部分だけの情報しか持たないため、データ容量が少しで済みます。これが通常の動画圧縮の仕組みです。

映像は「画像」の連続再生でできています。

例えば、飛行機が左から右に飛ぶ映像が
あるとします。

送られるフレームの中から変化のあった部分のデータを送ることができればデータサイズを小さくすることができます。
これが映像の原理です。

1枚目の背景フレームをそのまま生かす

最初の背景付きのフレームをキーフレームと呼びます。他社の圧縮技術では、キーフレームを時間軸で一律に(1秒に1枚という具合に)、強制的に配置します。これでは圧縮率を高めた際にキーフレームが増大するという問題が起こり、本来削ってはいけない部分の動きの情報を捨てるしかありません(これがブロックノイズ*の原因です)。

MOOGA SLIMは、時間軸ではなく、「動き」を軸に圧縮を行う新開発の圧縮技術を採用しています。動きのある部分とない部分を的確に選り分け、動きのない部分のデータを無駄なく大幅に削減。動きのある情報は保たれるため、他社と比べ、きれいな映像のまま驚異的に高い圧縮率が可能となりました。高画質で、超圧縮。動画の配信・保存、そして新たな動画活用の未来がここから動き始めます。

他社の圧縮技術(従来の圧縮技術)

時間軸に沿って強制的にフレームの並びを変換するため、画質が劣化します

MOOGA Slimの超圧縮技術(新開発/特許出願済)

新開発/特許出願済の最適化アルゴリズムが動きのある部分とない部分のフレームを的確に選り分けることで、他社と比べ、きれいな映像のまま驚異的に高い圧縮(少量化)を実現します

■フレームの解説

フレーム自体のデータサイズは【I】>【P】>【B】フレームの順に小さくなります。
I、P、Bの3つのフレームのかたまりを「GoP(Group of Pictures」*と呼びます。

フレーム 特徴 データ量
Iフレーム 1枚の画像として完成されたフレーム
Pフレーム 前のフレームとの差分情報だけを持ったフレーム
Bフレーム 前と後のフレームとの差分情報だけを持ったフレーム 最小

いかに最適にフレームを入れ替えるかが、動画のクオリティを決定します

MOOGA SLIMは最適なフレーム入れ替えを実現した「アルゴリズム」を用いて世界最高水準の動画圧縮技術を提供いたします

従来の圧縮技術 詳しく見る 閉じる

■従来の圧縮技術

圧縮することにより画質がかなり劣化してしまう

時間軸に沿って強制的にフレームの並ぶを変換するため画質が劣化する
従来の圧縮技術 = 他社の圧縮技術

従来は3つの圧縮技術が使われてきました。『強制的な圧縮は映像を著しく劣化させます』

① ビットレート調整

圧縮後の動画データ量をシステム側で強制的に決めてしまい データ量を下げる方法です。データ量が多い動きのある映像(スポーツ等)の場合は、ブロックノイズ*が発生し視聴しづらくなります。

*ブロックノイズとは
デジタル映像圧縮を行った映像において画像の一部領域がモザイク状に見える現象。ブロックノイズが発生すると、画面に四角いモザイクが発生したり、音声が途切れたりするなどの障害が発生します。

② フレームサイズ調整

映像のフレームサイズを小さくすることで、データ量を下げる方法です。携帯やスマートフォン等の画面解像度が小さいデバイス(端末)で視聴する場合には、画質の粗さ(劣化)が目立ちます。

③ フレームレート調整

映像のフレームを抜くことでコマ送りの映像にしてデータ量を下げる方法です。防犯カメラ映像などの場合、映像をコマ送りにすることで重要なフレームが抜けてしまい、確認・分析することができなくなる可能性があります。

超圧縮技術の実力

他社(中央)とMOOGA SLIM(右)の動画圧縮技術を見比べてください。
静止画でみると画質の差がはっきりとわかります。

キャラクター(全体的に)でブロックノイズ*発生
果物でブロックノイズ発生
キャラクターの右目、腹部でブロックノイズ発生

<4K・アニメーション動画>

他の超圧縮サンプル/データをみる

最大94%超圧縮のメリット

高画質な動画を、美しいまま、もっと軽く、もっと低コストで。
革新的な超圧縮技術ががあなたのビジネスを拡大します。

動画圧縮によるコスト削減効果

動画を保存・配信するために大きなコストをかけていませんか。

配信コスト・ストレージ(データ保存)コストを大きく削減し動画に関する運用を大幅に効率化します

詳しく見る

高画質動画の活用拡大

Full-HD、4Kなどの高画質動画や360度動画、VR動画を4G環境でも安定配信。優れた動画圧縮技術により格安スマホなど容量制限のある端末のデータ使用量を削減し、高画質動画が視聴できる端末を飛躍的に増大させます

詳しく見る

高画質動画の新たな活用

MOOGA Slimの優れた動画圧縮技術により動画活用の制限を取り払い、その可能性を大きく広げます。

詳しく見る

サービス内容

デリバリーサービス

動画データを当社にて圧縮し納品いたします。
月額7,500円~ご利用シーンに応じて選べる5つのプランをご用意。

<サービス提供の流れ>

【動画の受け渡し方法について】

ストレージサービス「DropBox*」内のお客様フォルダーにて動画の受け渡しを行います。
*DropBoxでの受け渡しが難しい場合には、貴社の規則・基準を満たした方法で動画の受け渡しを行いますのでご安心ください。

*サービスご契約後、お客様専用フォルダへの
アクセス方法についてお伝えします

ライセンスサービス

動画データを貴社にて自由に圧縮いただけます。
MOOGA SLIMの圧縮エンジンをライセンス提供。

<サービス提供の流れ>

オンプレミスやAWSなどクラウドサーバー*にMOOGA SLIM圧縮エンジンを組み入れます。(貴社向けにカスタマイズ)

*AWS以外のクラウドサーバーにも対応。
ご相談ください。

価格

最低利用期間3カ月 【容量】は変換する動画(元データ)の総容量 【本数】は変換する動画(元データ)の総本数

スターター

0.75万円/月

初期費用
一律5万円
総容量
5G
変換本数
5本

スタンダード

3万円/月

初期費用
一律5万円
総容量
20G
変換本数
15本

プラチナ

10万円/月

初期費用
一律5万円
総容量
100G
変換本数
30本

追加オプション

容量 10GBあたり 1万円/月
変換本数 10本あたり 3万円/月

最低利用期間3カ月 【容量】は変換する動画(元データ)の総容量 【本数】は変換する動画(元データ)の総本数

カスタマイズ

貴社向けのカスタマイズプランでご提供いたします

スポット

1本から承ります

動画の本数・容量に応じてお見積いたします

活用事例

活用事例

株式会社ジェイアール東日本企画様
デジタルサイネージに配信する動画を超圧縮

Wi-Fiによる動画配信型デジタルサイネージに活用。MOOGA SLIMで品質を維持したまま動画容量を削減することで低ビットレート配信に。
不安定なWi-Fi環境でも高画質動画の安定配信を実現、大幅な転送コスト削減も評価され採用いただきました。

株式会社 ソシオテック 研究所 様 ファーストビュー動画を超圧縮

お客様がサイト訪問した際、サービスポリシーや社風が即座に伝わるようファーストビュー動画を選択されました。このファーストビュー動画に超圧縮技術を採用することでWebサイトで動画使用する際の問題点を解決、表示時間が掛からず、美しい映像で伝えることができるようになりました。
Webサイトはコチラ

詳しく見る

B社:動画配信を行う出版社

釣りの出版社であるB社は、DVD動画をインターネットで配信するサービスを展開しています。契約している動画配信サービスは保存容量によって月額プランが決まっており、抱える動画のデータ量では高額な料金となるため対策を模索していました。超圧縮技術を導入することで、保存容量を半分まで圧縮。1つ下の契約プラン内で動画を保存することが可能となりました。

A社:映画・ドラマ配信サービス

1日あたり10TBの動画を配信しており、サーバの保存コスト、配信コストが大きな課題となっていました。そこで超圧縮技術を導入。今まで配信していた動画ファイルを半分のサイズまで圧縮することに成功し、結果、年間約3200万円のコスト削減を実現しました。ユーザー数が増えた場合をシミュレーションすると、5年間で5億4500万円に及ぶコスト削減ができる計算になりました。ドラマ、映画コンテンツの配信を行っている会社では、年間40%の配信サーバーコストを削減しました。

詳しく見る

Technical Topics

独自の圧縮技術で4K映像を広域無線配信 Free-D、防災・減災への活用目指す

SankeiBiz編集部 2020年9月2日掲載

*MOOGA SLIMの超圧縮技術は、(株)Free-Dの特許出願済ソフトウェアです。

*(株)ワンゴジュウゴ、および(株)プログレッションは(株)Free-Dの正規代理店です。

詳しく見る

お役立ち ブログ

施術の動画配信をもっと高画質に!
美容整形外科医院 Eさん

多くのお客様へ「安心」と「質の高い施術」をよりわかりやすく伝えるため最近ではインターネット動画が活用されています。
その際には、Before⇒Afterも含めてより美しい映像で伝えることが大切です。

詳しく見る

4Kの手術動画を4G環境に配信したい
医療関係 Cさん

医療の質向上を目的に、医療現場では4K映像システムが活躍し始めています。

4K撮影した手術動画を医療セミナーなどで限定配信する場合、大容量・高ビットレートのため中低速のインターネット回線や4G環境では配信できないのが現状です。

詳しく見る

デジタルサイネージの動画配信、高画質のままコストを減らせない?
鉄道会社 Hさん

鉄道会社や多店舗展開企業では、複数のデジタルサイネージを一括管理できるネットワーク型、そして配線が必要ないWi-Fi型やSIM型が主流になっています。
そんな中、「動画転送量を減らしネットワークコストを減らしたい」、「各Wi-Fiおよびデジタルサイネージ設置ポイントの電波状況により不安定になる動画転送を安定させたい」という課題があります。

詳しく見る

【FAQ】よく聞かれる質問

解決しない場合はコチラ(お問い合わせフォーム)

Q1: 圧縮したい動画データはどのように渡せばよいですか?また、圧縮後の動画データはどのように納品されますか?

A1:

サービスお申込み後、圧縮を希望される動画データを弊社指定「DropBox」上の貴社専用フォルダにアップロードください。圧縮後、貴社専用フォルダへ納品いたしますのでそちらから動画データをお受け取りください。

Q2: 動画データの受け渡しについてDropBoxが社内規定上、使用できないなのですが、どうしたらよいですか?

A2:

お客様の社内規則に基づいた方法に対応いたします。ご相談ください。

Q3: 単一動画ファイルあたりのアップロード容量に上限はありますか?

A3:

50GB(単一ファイル)まで可能です。

50GB(単一ファイル)を超える場合はご相談ください。

Q4: 動画ファイルをアップロードしてからどのくらいで納品できますか?

A4:

1週間程度とお考え下さい

Q5: 『超圧縮の体験(無料)』について教えてください

A5:

最大2本(総容量1G)までの動画データについてお試し頂けます。

1本あたり3タイプ(圧縮率が異なる)の圧縮動画を無料で納品いたします。

当サイト内「超圧縮を体験してみる」よりお申込みください。

Q6: 各プランの上限容量や上限本数を増やすことはできますか?

A6:

「容量10Gあたり月額10,000円、本数10本あたり月額30,000円」を追加オプションとしてご提供しております。

Q7: 該当するプランがない場合、どうしたらよいですか?

A7:

追加オプション(容量・変換本数)の利用をご検討ください。

また、「カスタムプラン」も用意いたしますので、ご相談ください。

Q8: 変換対応ファイル形式には、どのようなものがありますか。

A8:

基本は圧縮したい動画を「mp4」でアップロード、圧縮後も「mp4」にて納品いたします。希望される変換対応ファイル形式等ございましたら、ご相談ください。可能な範囲で対応いたします。

Q9: 解約方法を教えてください

A9:

契約満了の1カ月前までにお申し付けください。

1ヶ⽉未満の場合は「⾃動更新」となります。

Q10: 料金の支払い方法について教えてください

A10:

銀行振込となります。毎月「月末締め翌月末払い」で請求書を発行します。

Q11: 最低利用(契約)期間はありますか?

A11:

MOOGA Slimの最低利用期間は3カ月です。

Q12: 動画一本単位でも対応できますか?

A12:

基本的には各プランよりお選びください。(オプション利用もご検討ください)

動画一本あたりが大容量となる場合は、別途ご相談ください。

Q13: 初月費用は日割りできますか?

A13:

日割りではございません。1カ月分のプラン料金を頂戴しております。

Q14: 動画コンテンツの中にカットしたい箇所があるのですが、編集等もお願いできますか?

A14:

対応可能です。別途ご相談ください

Q15: 無料のエンコード(圧縮)サービスとの違いは何ですか?

A15:

HD、フルHD、4Kなどの高画質な動画においても画質を劣化させることなく圧縮し、軽量かつ高画質な動画データを提供できます。

 

また、高度な画像認識や解析に対応した画質を維持できます。

顔認識やテロップ(文字)の認識を検索可能にするなど、様々な用途の画像認識や解析に活用頂くことができます。

Q16: エンコードソフトは何を使用していますか?

A16:

新開発のオリジナル圧縮ソフトウェアです(特許申請済)

Q17: 動画コンテンツ制作・編集、動画配信コストの削減について相談することはできますか?

A17:

ぜひご相談ください。

コンテンツ制作、配信、コストダウンに関して総合的なご支援することが可能です。

(動画コンテンツを軸としたWebサイト企画やSNSマーケティングのご支援まで)

 

コストダウンに関しては、動画圧縮による配信コストや保存コスト削減だけでなく、格安かつセキュリティ対策などの充実したCDNによる動画配信コスト削減のご提案が可能です。

Q18: ユーザーを限定できる『動画配信システム』はありますか?

A18:

セキュアで、シンプルな機能、誰でも簡単操作ができる当社MOOGA(https://mooga.jp/)を検討ください。月額1.5万円~の低価格で提供しています。
【30日間の無料トライアルも利用ください】

高画質 動画圧縮サービス

Mooga Slim

4K対応・高画質 動画圧縮サービス
MOOGA SLIMに関するお問い合わせはこちら

●オンラインによる打ち合わせも可能です
●動画容量削減(動画圧縮)による配信コスト削減、
 CDNコスト削減のご相談も承ります。
●動画制作/編集・Web動画特設ページ制作など
SNS含む動画に関して総合的なコンサルティングも承ります。

動画圧縮
無料トライアル

最大2本(総容量1G)を超圧縮

お問い合わせ

サービス内容を
詳しく知りたい

より詳しく、
MOOGA SLIMを知りたい方に

資料ダウンロード

お問い合わせ

お問い合わせ

株式会社ワンゴジュウゴ/株式会社プログレッション(子会社)03ー3234ー5596
営業・サポート時間:10:00〜19:00 ※土・日・祝日・年末年始を除く

Progression ロゴ

会社のご案内

(株)プログレッションは、
DX(デジタルトランスフォーメーション)時代に
求められる企業のデジタル革新を動画・SNSで支援する会社です。

株式会社プログレッション
https://progression.co.jp/
所在地
〒102-0094
東京都千代田区紀尾井町3-6 紀尾井町パークビル7F
TEL 03-3234-5596 FAX 03-3234-5570
代表取締役 秋山 政紀
事業内容
  • HD~4K・8K高画質 動画圧縮サービス(ライセンス販売・圧縮サービス・配信/CDNサービス・システム開発)
  • 動画制作(ビジネス動画・Web動画・ブランデッドコンテンツ/企画・提案・撮影・編集・配信)
  • 360°動画・VR動画制作
  • 動画・SNSマーケティング運用
スタジオ
  • 仙台スタジオ 仙台市宮城野区榴岡3-4-18 タカノボル第22ビル 2F
  • 大阪スタジオ 大阪市北区南森町1-3-29 MST南森町 1007

の動画圧縮技術は、(株)Free-Dの特許出願済ソフトウェアです。

※(株)プログレッションは、(株)Free-Dの正規代理店です

※(株)プログレッションは、(株)ワンゴジュウゴの100%子会社です。