配信コスト・ストレージ(データ保存)コストを大きく削減し動画に関する運用を大幅に効率化します

ドラマや映画を配信している会社の例では1日に10TBの容量を扱っていた中、超圧縮技術の導入により年間6000万円だった配信コストが3000万円を下回るなど、大きなコスト削減に成功。動画の容量が1/2になることで、転送量(CDN)コストも1/2となります。

さらに、フルHD ・4Kなどの高画質な動画において画質を劣化させることなく超圧縮するため、配信コスト・ストレージ(データ保存)コストを大きく削減するだけでなく、配信コンテンツのクオリティを維持することが可能です。24時間365日蓄積されていくセキュリティ映像においては、ストレージコスト(データ保存コスト)のかつてない削減が可能になります。軽量かつ高画質な動画データを提供することにより通信の高速化を実現、ユーザー体験(UX)向上にも貢献していきます。

<4G→5G時代を見据えた動画配信における課題>

  • 動画を見る方(視聴者)/動画を送る方(配信者)も、通信にかかるコストを負担することになります。
  • つまり、フルHDや4Kなどの高画質な動画ほど、配信者/視聴者ともに通信や保存にかかるコストは膨大となります。
  • 特に配信者は視聴者分の通信回線を確保しなければならず、大人数に配信するためには膨大なコストがかかります。
    (AWS等のクラウドサーバーなど)

課題解決

  • 高画質で奇麗な動画を配信コスト、保存コストを抑えて視聴者に届けることが可能
  • 高画質な動画の軽量化により通信の高速化も実現
  • 4G環境*においてもフルHDや4Kレベルの高画質映像を負担少なく快適に視聴できます。
    *ネットワーク環境が著しく悪い場合を除く

⇒UX(ユーザー体験)の向上

高画質動画 超圧縮サービス

Mooga Slim

MOOGA SLIMによる動画の超圧縮によって高画質で奇麗な動画を配信コスト、
保存コストを抑えて視聴者に届けることが可能。

高画質な動画の軽量化によって通信の高速化を実現。

ユーザーのストレス軽減、かつユーザー体験(UX)向上に繋がります。

活用事例はこちら